六龍鉱泉

上野公園に近い住宅街の中にある温泉銭湯。 かなり見つけにくい場所にある。 内外装ともにかなりレトロで良い雰囲気だ。 ここも黒湯でコーヒー色。 浴槽には江戸っ子風呂もあるが、普通の浴槽も熱く長く浸かっている人はほとんどいない。 江戸っ子風呂は48度もあったが一人だけ涼しい顔をして浸かっていた。体に悪そうである。 浴槽に源泉蛇口があったので源泉水浴びをすることができた。 …

続きを読む

蛇骨湯

浅草に近い温泉銭湯。 リニューアルされたのかやたらと小綺麗である。 ここも黒湯で色は紅茶色っぽいような色。 ここの源泉は豊富なのかシャワーやカランにまで源泉が使われている。 小さな池のある露天風呂は源泉追加投入量が多いようで、特に源泉水風呂からは常にそこそこの量が溢れ出していた。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

桃仙浴場

池袋にある温泉銭湯。 残念ながら六月末で閉館となる。 源泉は鉄鉱泉と書かれており、使用されている浴槽では茶色に濁っていたが、鉄の香り以外味はそんなにしなかった。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

板橋前野温泉 さやの湯処

比較的新しめの温泉施設。 露天風呂に温泉が使われていて、源泉風呂が一つあり、濃い41度のナトリウムー塩化物強塩温泉がかけ流し。 湯は土色に濁ってしょっぱかった。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

北本天然温泉 楽市楽湯

埼玉県の温泉に初入湯である。 32度のナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉は露天風呂に加温循環濾過消毒で使用。 しかし、源泉追加投入量もけっこう多く、常に浴槽からは湯が溢れている。 湯は薄い紅茶色で、白っぽい湯の花が混ざっていた。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

峠の湯

碓氷峠越えを終え車道に出てきたが、坂本宿に入る前にまず風呂で汗を流す。 温泉施設である峠の湯には、内湯と併設の露天風呂があり眺めは悪くない。 源泉はおそらくナトリウムー炭酸水素塩泉で、加水加温循環濾過消毒で使われていた。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

日光湯元温泉 ゆ処 山月 五識の湯

ここは内湯と併設の露天風呂があり、浴槽には奥日光開発の3、4、7号森林管理署源泉混合泉である74度のカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉が加水かけ流しで使用されている。 適温の浴槽の湯は微白濁し、底には白い湯の花が沈殿していた。 (平成二十一年十月入湯)

続きを読む

湯西川温泉 共同浴場

辺鄙な山奥で急に開けたように温泉街が広がる湯西川温泉。 ここではなかなか入ることができない共同浴場に運良く入ることができた。 ここは外来の入浴もいちおうは許可されているようだが、地元の方が入っているときには入浴禁止となるのである。 湯温は適温でかけ流しの湯が気持ちよい。 川向かいには湯船だけの露天風呂があり、こちらにも久しぶりに入ったが、ちょうど落ち葉が浴槽に降り積もり感…

続きを読む

御神火温泉 愛らんどセンター御神火温泉

伊豆大島のセンター系施設である。 宿の半額券を購入し、500円で入湯。 源泉は大津源泉で47度のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉。 しかし「うたせ湯」以外には加水循環で使用。 うたせ湯は加水かけ流しだが、うたせ湯がかけ流しというのも意味があまりないような気がする。 (平成二十年九月入湯)

続きを読む

御神火温泉 為朝之湯 ホテル赤門

為朝の館跡に隣接するホテル赤門。 朝早くだが快く入浴を受け入れてくれた。 そこそこの広さの内湯には消毒臭が少し。 最近作られたようである露天風呂はまあまあ開放的でもある。 源泉は敷地内に湧く28度のナトリウムー塩化物泉を加熱利用。 ここは朝早くから夜まで、気軽に入ることのできる温泉であった。

続きを読む

大島温泉 元町浜の湯

元町には大島温泉浜の湯と、すぐ近くの御神火温泉愛らんどセンターをはじめ、何軒かの宿泊施設に温泉がある。 そして、この浜の湯は水着着用の混浴露天風呂である。 東京島しょの島々で水着着用の義務がある温泉は、裏見ヶ滝温泉、地鉈温泉、湯の浜露天温泉、神津島温泉保養センターなどであり、これらは東京都の条例によるものである。 男女別の脱衣所から出たところにある浴…

続きを読む

湯の花沢温泉 湯の花温泉ホテル

箱根の湯の花沢温泉で入ることができるのは、この湯の花温泉ホテルのみ。(1650円) 広い敷地を横切って浴室へ向かう。 内湯は透明であるが、露天風呂は白濁した湯で適温。 もちろんかけ流しで、源泉は元箱根温泉(第38号)の52度の単純硫黄温泉。 phは5,6であるため、大湧谷造成泉のような酸味はなかった。 (平成二十年七月入湯)

続きを読む

宮ノ下温泉 湯の宿遊月

落ち着いた雰囲気の宮ノ下温泉では、有名な富士屋ホテルよりも坂の上にある「湯の宿 遊月」にて湯を乞う。 ここは貸し切り利用のみであり、半露天の岩風呂に入らせていただくことができる。(650円) 源泉は76度のナトリウムー塩化物泉(宮ノ下温泉 元温泉村第81号)でかけ流し。 浴槽の湯は熱めであり、溢れた湯が流れる床は赤黒く変色しているという濃厚な湯であった。 (平成二十年七月入湯…

続きを読む

二ノ平温泉 亀の湯

二ノ平温泉の源泉である公衆浴場「亀の湯」。(550円) ここは二年ぶりの再訪。 ひなびていて味のあるタイル貼りの浴槽に、70度のナトリウムー塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉(二ノ平温泉 台帳番号宮城野第28号)がかけ流しで、のんびりとした湯浴みを楽しむことができた。 (平成二十年七月入湯)

続きを読む

強羅温泉 吉浜

強羅の駅近くにある施設。 玉川温泉の北投石を利用したミストサウナもある。 そこそこの大きさの内湯に58度の単純硫黄温泉(強羅温泉4、5号井混合 台帳番号宮城野第132、133号混合泉)が加水加温循環ろ過消毒無しのかけ流しで注がれている。 おそらく早雲山の造成泉であろう。 湯口からはほんのわずかに硫黄の香りがし、粉のような細かい湯の花が沈殿していた。 (平成二十年七月…

続きを読む

宮城野温泉 食彩湯宿箱根いこい荘

宮城野温泉は二年前、温泉会館に入り循環ろ過消毒の湯にガックリさせられた覚えがある。 今回はかけ流しの箱根いこい荘に入ってみることにした。(575円) 内湯のみで、浴槽には少し加水された71度のナトリウムー塩化物泉(宮城野第88、126、130号混合)が消毒無しでかけ流しで使用されている。 湯はほんのわずか濁っているようにも見え、湯の香漂ういいものであった。 (平成二十年七…

続きを読む

二ノ平温泉 翠の宿

二ノ平温泉「亀の湯」の斜め向かい側にある地味な宿。 ここは貸し切り利用で入湯することができるのである。(550円) しかし、おばあさんに浴室に案内されて中に入ってみると、源泉は蛇口から垂れ流しなのになんと栓が抜けているではないか。 しかし、そのおかげで自分好みの新鮮な湯を張って一番風呂を味わえたのである。 源泉は二ノ平温泉(台帳番号 宮城野第28号)の70度のナトリウムー…

続きを読む

箱根湯本温泉 かっぱ天国

箱根湯本駅の裏側の高台にある温泉施設。(750円) ここは露天風呂のみである。 源泉は54度のナトリウムー塩化物・硫酸塩泉(源泉名 白石地蔵の湯 湯本第83、98号混合)でわずかに濁っている感じ。 もちろん加水加温循環消毒無しであり、少し熱めであった。 (平成二十年七月入湯)

続きを読む

強羅温泉 けやき荘

最近の入浴は大湧谷の造成泉が続いたので、強羅温泉らしい単純硫黄温泉を求めてたどり着いた「けやき荘」。(1050円) 大浴場の大きいほうの浴槽にはわずかに湯口で硫黄の香りがする58度の単純硫黄温泉(強羅温泉、4、5号混合 台帳番号 宮城野第132、133号混合泉)が、小さいほうの浴槽には71度のナトリウムー塩化物泉(強羅温泉 台帳番号宮城野第88、126、130号混合)が使用されており、とも…

続きを読む

強羅温泉 新宿区 つつじ荘

中強羅にある新宿区立の保養所。 日帰り入浴は650円。 源泉は強羅温泉まとい荘と同じ大湧谷から引湯された箱根温泉供給株式会社のものを、加水加温循環無しのかけ流しで使用。 しかし広い内湯にはまとい荘のような白い沈殿物が消えているため白濁ながら透明度はある。 新設された小さな露天風呂の湯には湯の花らしきものが舞い、ぬるめの適温で気持ちよかった。 (平成二十年六月…

続きを読む

強羅温泉 まとい荘

強羅温泉街にある神奈川県消防団員保養所であるが、一般の入浴も受け付けている。(600円) 箱根温泉供給株式会社の大湧谷からの引き湯を大浴場に使用。 64度の酸性ーカルシウム・マグネシウムー硫酸塩・塩化物泉でphは2,9、加水、加温、循環消毒無しのかけ流し。 湯は酸性味がして白濁し、白く細かい湯の花がたくさん沈殿していた。 この源泉はおそらく仙石原温泉などで使用されている湯と同…

続きを読む

箱根湯本温泉 大和旅館

箱根湯本で日帰り入浴千円以内の宿を探しているうちに見つけた「大和旅館」。(600円) 旅館というより路地裏の民宿といったところだろうか。 湯を乞うと、おばあさんが出てきて「小さいほうでもよかったら」と、女湯に案内してくれた。 入ってみると二人ほどでいっぱいになる浴槽が一つ。 しかし絶えず湯が注がれていて完全なかけ流しである。 しかも適温で、入るともったいないぐらいに湯がザー…

続きを読む

蛸川温泉 箱根園コテージ

箱根十七湯の中で、もっとも歴史の浅い蛸川温泉。 その蛸川温泉を使用している箱根園コテージに入ってみた。(1000円) コテージが並ぶ園内の浴場は、シャワーブースと眺めのよい露天風呂のような内湯のみ。 源泉は45度のカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉(元箱根34号、37号、43号混合)、残念ながら循環ろ過消毒であった。 (平成二十年七月入湯)

続きを読む

芦ノ湖温泉 夕霧荘

以前、違うホテルに入湯したことがある芦ノ湖温泉では今回、夕霧荘にて湯を乞う。 ここは接客態度が素晴らしく丁寧であり、入浴料金1000円であるがタオル、バスタオル付きである。 小綺麗な浴場は内湯と露天風呂があり、元箱根の源泉である77度の単純硫黄温泉を使用している。 内湯は循環ろ過消毒で少し塩素臭がしてほとんど無色透明。 しかし露天風呂は循環ながらも源泉を絶えず投入している…

続きを読む