硫黄島港の源泉

今は港となっている場所も以前は砂浜だったようで、そこには温泉が湧いていたため港は赤く染まっているという。 干潮時に港のとなりの砂浜に行ってみると浜からいくつもの場所から湯が湧いていた。 持っていったスコップが小さかったのと、島で顔が割れてしまっているため、全身浴はあきらめ足湯だけにしておいた。 砂浜だけではなく、港のコンクリートの間からも源泉が湧いている。 こ…

続きを読む

三島開発総合センター

硫黄島港近くの開発総合センターの中には浴場があり、火、木、土曜日の午後2時から7時半まで無料で開放されている。 濃い温泉が多い硫黄島において、ここは無色透明無味無臭の単純温泉がかけ流しであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

坂本温泉

ここは海岸に面した塀で囲まれている浴槽がある。 手前の浴槽の底から湯が大量に湧き出しているが、こちらは熱くて入ることができない。 大きな浴槽はかなりのぬるめであったが、入っていると体に無数の泡がまとわりついてきた。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

大谷(ウータン)温泉

おそらく大谷(ウータン)温泉と呼ばれている野湯に来てみた。 海岸から温泉が湧き出しており辺りは赤く染まっている。 源泉は熱く塩辛いが、ところどころに湧いている湯の中には酸っぱい酸性泉もあるようである。 湯は波と混ざると白濁しているようだ。 適当な湯溜まりを見つけて入ってみたがよく温まる湯であった。 ここは干潮の時にしか入ることができない。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

東温泉近くの源泉

東温泉のすぐとなりに源泉が湧いていて、こちらも酸性特有の酸味があるが無色透明。 適温の湯溜まりがあったので入ってみた。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

東温泉

硫黄島で唯一24時間入れる温泉は東温泉。 ここは景色も湯も素晴らしい。 高温の酸性泉がドバドバと海に垂れ流し。 湯は酸っぱくて浴槽では透明な緑色をしている。 浴槽は三つあるが、一番上の浴槽に源泉が流れ込んでいるためかなりの高温、真ん中の浴槽が一番大きくて深く適温、一番下の浴槽はぬるめであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

西田温泉

鹿児島中央駅にも比較的近い、鹿児島市内の温泉銭湯。 46度の重曹泉系の湯を使用。 浴槽はいちおう「あつ湯」と「ぬる湯」に分かれていたが、どちらも熱めであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

湯泊温泉

いちおう仕切りはされているが脱衣所もない湯泊温泉。 38度の単純温泉をそのまま使用しているため、ぬるめで長湯ができる。 そしてこちらは、湯泊温泉よりほんのわずかに奥にある浴槽。 ここも静かでいいが、大潮のときは海中になるらしい。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

平内海中温泉

観光地となってしまっている、干潮前後しか入れない屋久島温泉を利用した野湯である。 46度の源泉は硫黄臭がし、このときは真ん中の湯船が適温であった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

尾之間温泉

ここはかなり人が多い。 新しめの建物の大きな共同浴場といった感じである。 浴槽も広めで、49度の単純硫黄温泉が浴槽の足元に敷かれた玉石の間から自噴しており、湯は熱めであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

楠川温泉

屋久島の宮之浦港から比較的近い、道を逸れた森の中にある鄙びた共同浴場といった感じの楠川温泉。 表の看板には25度のアルカリ性単純温泉と書かれていたが、中には単純硫黄泉と書かれており、加熱して使用。 湯口の湯はかなりはっきりとした硫黄の味がしていて、ヌルヌル感もあり、細長い浴槽の湯は微白濁していた。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

かごっま温泉

鹿児島にも温泉銭湯は多い。 今回は、一番近くにあったかごっま温泉に入湯。 湯はわずかに薄い茶色に色づいていて焦げ茶色の湯の花が舞っている。 ぬるめの適温が私にはちょうど良かった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

妙見温泉 田島本館

自炊の湯治館も併設する旅館であり、湯治に来られるお年寄りも多い。 浴室は二つに分かれており、ひとつは「神経痛の湯」で鉄臭が濃い熱めの浴槽がある。 もうひとつの浴室には、「胃腸湯」と「キズ湯」の浴槽があり、「胃腸湯」は熱め、「キズ湯」はぬるめで茶色い湯の花が舞っており泡付きが大変よかった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

安楽温泉 塩湯

安楽温泉では一番最初に目についた塩湯に入る。 内湯には58度のナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉がわずかな加水でかけ流し。 内湯から履き物を履いていかないといけないが豪快なうたせ湯もあった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

温泉の川

立入禁止のゲートからそこそこ歩くと川に出てくる。 この川が温泉であり、風がないときなど硫化水素が滞留するため危険なので立入禁止となっているのである。 丸尾温泉からここまで登ってくるのに二時間もかかった。もっとも車ならそんなに時間はかからないだろうが。 とりあえず風があるのを見計らって入湯。 川自体が適温である。 前日までの雨のせいか川の水量が多く流れも豪快だ。 しかし、ゆ…

続きを読む

和気湯横の川の湯

和気湯のすぐ前にある川には、ところどころ湯が湧き出している。 先人たちが作った湯船があったので入湯。 和気湯よりも少しだけ湯が温かいような気がした。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

和気湯

妙見温泉近くの川沿いにある野湯みたいな和気湯。 私有地であるが入らせてもらえる素晴らしい湯である。 入っている時もポコポコと湧いていて気持ちがよい。 普段は茶色に濁り膜が張っているそうだが、この時は透明で美味しい炭酸味のする湯であった。 先に入っていた常連でいろんなことを教えていただいたおじさんにモデルになっていただいた。 横の川でも湯が湧いているので野湯を楽しめる…

続きを読む

霧島温泉 岩風呂横の川

霧島最古の岩風呂と書いてある目の湯。 ここには以前も入ったが、横を流れる白濁した川にも入ってみた。 この川の上流に高温の泉源があるため、目の湯の横の流れではちょうど適温であった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

霧島温泉 岩風呂

霧島温泉最古の湯とされる岩風呂は、県道から少し遊歩道を入った川辺にある野湯である。 ここは足元から湧いており、普段は熱くて入れないらしい。 横の川は白濁している。 この日は雨であったせいで川の水が多かったためか、岩風呂の中にも水が入りちょうど適温になっていたので入ることができたのであった。 (平成十八年十一月入湯) 再び訪れ…

続きを読む

院内妙見温泉

安心院の近くの院内にある院内妙見温泉。 ここは貸切がメインであり、私のような貸切の必要のない人は露天風呂に入るのである。 露天風呂はそこそこ広め、ナトリウムー塩化物泉がかけ流しでほんのわずかに色がついているようであった。 湯口は赤く色づいていた。 (平成十八年十一月入湯)

続きを読む

明礬温泉

明礬温泉では、泥湯で有名な別府温泉保養ランドに入る。 入るのには1050円と別府ではお高めだが、話のネタに入ってみることにした。 入るとまずあるのは灰色に濁った広い内湯である。 そしてそこから地下に降りると、泥湯の浴槽がありゴボゴボと下から湧いているようである。 地下の泥湯は芋の子を洗うようだった。 さらに露天風呂の広い方は、まさに泥…

続きを読む

田の湯温泉

別府に戻り立ち寄ったのは市営の田の湯温泉。 浴槽はひとつで、そこにナトリウム・マグネシウム・カルシウムー炭酸水素塩泉がかけ流しで注がれている。 こちらはすぐ近所の田の湯旅館。 レトロな建物で雰囲気は素晴らしい。 いちおう聞くだけ聞いてみようと、立ち寄り入浴ができるか聞いてみたが、やはり受け付けてはいなかった。 別府に泊まりでくるときは、こんな…

続きを読む

駅前高等温泉

その名の通り、別府駅前にある温泉銭湯である。 外観はドイツ風で目を引く建物であり、大正時代に建てられたという。 ここは並湯と高等湯にわかれており、並湯は100円、高等湯は300円である。 並湯には浴槽が一つ、適温である。 高等湯にも入ったが、こちらは階段を下りたところに熱めとぬるめの浴槽が一つずつ。 どちら…

続きを読む

前田温泉

たまたま見つけた前田温泉。 ここもかなり鄙びた感じがあってよい。 脱衣所と隔てのない浴室にはシンプルな楕円形の浴槽が一つ。 上ったあとで番台のおじさんに話を聞いていると、湯は鉄輪の下のほうから引いてきていると言っていた。 (平成十八年十一月入湯)

続きを読む

不老泉

別府駅にけっこう近い不老泉。 ここも市営温泉である。 ここはすべてがかなり広い。 何か体育館を思わせるような感じである。 脱衣所はそこいらのスーパー銭湯より広く、階段を下りてゆく浴室はこれまた広い。 広い浴槽の中の湯はけっこう熱めであった。 (平成十八年十一月入湯)

続きを読む

東町温泉

浜脇温泉近くの東町温泉。 脱衣所、浴室の隔てもない素朴な公衆浴場である。 楕円形のそんなに大きくない浴槽が一つのみ。 レトロな雰囲気もとてもよい温泉であった。 (平成十八年十一月入湯)

続きを読む

みなと温泉

久留米ラーメン新港町店、ここでは食事をすると、百円で別棟にある温泉に入ることができるのである。 別棟の浴室は男女別で内湯が一つの簡素な共同浴場風であり、雰囲気はとてもよい。 この日は男湯に先に入っていた人がいたので、店のご主人が気をきかせてくれて女湯に貸し切りで入らせてくれた。 一つある四角形の浴槽にはかなりの湯がドバドバとかけ流しされていて気…

続きを読む

柴石温泉

別府といえば、公衆浴場が山ほどある温泉地でもある。 まず入ったのは柴石温泉。 かなり立派で新しめの小綺麗な施設であり、休憩室と浴室は別棟となっている。 湯はナトリウムー硫酸塩・塩化物泉。 内湯の浴槽は広めで二つあるが、露天風呂も併設、さらに露天風呂のとなりには蒸し風呂まであった。 (平成十八年十一月入湯)

続きを読む

長泉寺薬師湯

別府の竜巻地獄に近い長泉寺の門をくぐったすぐ左手に、薬師湯という湯小屋がある。 簡素な湯小屋であり、こんなものがあるということだけでも嬉しくなってしまう。 浴槽は一つしかないので実質的には混浴。 私が入ったときはかなりの熱めであった。 (平成十八年十一月入湯)

続きを読む

へびん湯

鍋山に行くダートを左にそれて、しばらくダートを真っ直ぐ突き抜けると、へびん湯の入り口が見えてくる。 ここは川沿いにいくつもの湯船ができている。 そして、他はかなり強烈な個性のある湯であったが、ここは無色透明の単純温泉。 しかも、湯量はかなり豊富でどの湯船にも清澄な湯がたっぷりと注がれて気持ちがよい。 いちおう男女別っぽい脱衣所まであるので、他に…

続きを読む