国見温泉

道を逸れるので、行こうかどうか迷っていた国見温泉、しかし行って良かった。 湯を乞うたのは石塚旅館。平日でも人は多い。 まず大浴場に入ったが、鉄分か何かが付着していた私の足の爪は硫黄と反応して、黒いマニキュアとなった。 露天風呂は混浴である。 しかし女性用露天風呂もあるので、男性用とも言える。 しかし、この露天風呂は素晴らしい。 国見温泉独特の…

続きを読む

繋温泉

繋温泉では「湖畔の宿・さぜん」で湯を乞う。 ここは内湯のみであるが、単純硫黄温泉の源泉がかけ流しされていて気持ちが良い。 ほのかな硫黄の香りに包まれながらの入浴はとてもいいものである。 浴槽には茶色の湯の花が沈殿していた。 (平成十八年十月入湯)

続きを読む

橋場温泉

橋場温泉と聞いてもピンとこないが、雫石あねっこという道の駅に併設されたセンター系の温泉施設である。 内湯と併設された小さな露天風呂があり、おそらくかけ流しであろう。 アルカリ性単純温泉であるが、薄い茶色に濁っていて浴感はある。 道の駅に併設された温泉施設は、西日本では大したことはないところが多いのだが、ここは東北、なかなかの温泉施設であった。 (平成十八年十月入湯)…

続きを読む

瀬美温泉

夏油温泉からの帰り道にある瀬美温泉に立ち寄る。 ここの館内にはそれぞれ違う源泉の三ヶ所の浴場があるのだ。 半混浴の広い露天風呂が併設された美人の湯、そして長寿の湯と夢の湯。 泉質はすべて単純温泉であるが、少々鉄分が感じられた。 この日は夏油温泉で四ヶ所、瀬美温泉で三ヶ所入り、クタクタに疲れてしまったのであった。 (平成十八年十月入湯)

続きを読む

夏油温泉

夏油温泉、ここは夏油川沿いに有名な四つの混浴露天風呂があり、それを川沿いに裸で行き来するのが夏油温泉の入り方である。 この時は山奥の夏油温泉は気温が下がっていたせいか、露天風呂の湯温はどの場所も下がっていたようである。 川上から、大湯、セ気の湯、真湯、女(目)の湯、そして大湯から一段上がったところに滝の湯があり、この時は滝の湯が女性専用時間となっていた。 大湯が一番熱く、…

続きを読む

湯瀬温泉

湯瀬温泉、大規模なホテルの前に共同浴場的なセンター系施設があった。 しかし、ここは東北、センター系でもけっこうハズレがないところが多い。 そして、もちろんここもハズレではなかった。 清澄な単純温泉がかけ流しされていて気持ちがよい。 なかなか満足できる施設であった。 (平成十八年十月入湯)

続きを読む

大湯温泉

大湯温泉のいくつかある公衆浴場のうち、上の湯浴場にて湯を乞う。 缶ジュース一缶分の入浴券を購入し、番台に渡して入湯。 タイル貼りのシンプルで上質な浴槽にナトリウムー塩化物泉がかけ流しされていて気持ちがよい。 やはりこれだから共同浴場的な空間はやめられないのである。 (平成十八年十月入湯)

続きを読む

蔦温泉

蔦温泉も有名で人気のある温泉である。 男女別の内湯と、私が入った時は男湯であった浴室があるが、どの浴槽も足元から源泉が湧出しているのだ。 ブナの板の下から湧き出てくる源泉は、片方がナトリウム・カルシウムー硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉、男女別のほうはナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉でありどちらも無色透明である。 噂に違わぬ素晴らしい温泉空間であっ…

続きを読む

猿倉温泉

猿倉温泉、毎分1トンもの湧出量を誇り、焼山の十和田湖温泉郷の旅館やホテルはここから引湯しているところが多い。 内湯は湯小屋風で二カ所の露天風呂が併設している。 ここだけでも素晴らしさを感じることができる。 内湯から出てすぐの露天風呂の湯は比較的澄んでいる。 さらにもう一つ露天風呂があり、こちらは白濁していてぬるめで気持ちがよい。 …

続きを読む

みちのく深沢温泉

以前、八甲田山近辺の茶店のおばさんにいろいろと施しを受けたのだが、そのおばさんオススメのみちのく深沢温泉に来てみた。 ここは民宿みたいなところ。 内湯と併設された露天風呂があり、内湯はやたら湯気で曇っている。 しかし、たっぷりの湯がかなりの勢いでかけ流しされている。 湯は白濁していて、ほんの少しだけ鉄分が感じられた。 露天風呂はぬるめで気持ちよく長湯できそうであった。 …

続きを読む

桑畑温泉

大間で上陸し、スーパーで買い物をしてから下風呂温泉を目指す。 しかし、下風呂温泉まで行くのが面倒くさくなったので、途中の風間浦村にある桑畑温泉で妥協することにした。 この施設は『湯ん湯ん♪』という脱力感たっぷりな名前のつけられたセンター系っぽい施設である。 しかし、入ってみてびっくりした。 内湯のみであるが、熱交換機によって加温された35度のナトリウム・カルシウムー…

続きを読む

大沢温泉

鉛温泉の次に入ったのは大沢温泉。 ここも湯治場の雰囲気をよく残していて、旅館部と自炊部に分かれており、日帰り入浴は自炊部より入場する。 有名な川沿いの広い混浴の露天風呂があるが、夜で暗く女性も入っていたため写真はない。 こちらは自炊部の内湯、天井がかなり高く脱衣場に行くには一階降りないといけない。 浴槽は二つ、そこへアルカリ性単純温泉がかけ流しで使用されている。 …

続きを読む

台温泉

台温泉では、観光荘にて湯を乞う。 そこそこの温泉街では、湯の使われ方が良い(加水循環なしなど)、しかも低料金で入れる施設を探して入ることにしている。 ここは内湯のみであるが、けっこう広い浴槽に含硫黄ーナトリウムー硫酸塩・塩化物泉がかけ流しで注がれていて気持ちが良い。 次の日に夏油温泉で一緒に入っていたおじさんにも、ここはオススメしておいた。 そして、洗い場の横にこんな源…

続きを読む

鉛温泉

鉛温泉藤三旅館にて湯を乞う。 ここは自炊部と旅館部に分かれいるが、どちらの浴場にも入ることができる。 そして、ここで最も有名な浴場は「白猿の湯」という、足元自噴の混浴の深い浴槽のある空間である。(写真撮影厳禁) ここに運よく一人で入ることができたのであった。 高い天井の広い浴室は、さらに地下に降りたところに浴槽があるためコンサートホールのような感じもする。 真ん中には…

続きを読む

玉梨温泉

玉梨温泉にも共同浴場はあるのだが昨年も入っていることだし、今回は旅館玉梨にて湯を乞う。 ここには広い露天風呂もあるみたいだが、日も暮れていたし雨だったので露天風呂には入っていない。 こじんまりとした内湯には、炭酸水素塩泉の町営源泉がかけ流しで使用され、茶色の析出物でコテコテになっていた。 この湯ももちろん炭酸味で飲むことができる。 ここもすばらしい旅館であった…

続きを読む

大塩温泉

大塩温泉共同浴場に入る。 ここは玄関をくぐったあと長い階段を下に降りて浴室に入るのだが、昨年訪れた時とは少し違い、階段から上の部分が改築されて新しくなっていた。 浴室はそのままで落ち着ける空間である。 そこへ加温された含二酸化炭素ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉が注がれていて、ぬるめの適温。 湯を口に含むときっちりとした炭酸ぽい味が残っていて嬉しくなる。 …

続きを読む

八町温泉

玉梨温泉の対岸にある八町温泉共同浴場に入る。 ここは混浴で浴槽は一つだけ。 そこへ八町温泉の源泉と、玉梨温泉の二本の源泉が勢いよく注がれている。 湯は熱めだが炭酸味もあり素晴らしい。 ここはかなり私が気に入っている共同浴場の一つでもある。 (平成十八年十月入湯)

続きを読む

湯倉温泉

福島県の只見川沿いには素晴らしい温泉の共同浴場がたくさんある。 一度何ヶ所もまわったことがあるが、今回は雨だし時間もなかったので、湯倉温泉、大塩温泉の共同浴場に入ることにした。 国道より、橋を渡った場所に湯倉温泉の共同浴場はポツリとある。 脱衣場は男女別だが、中は混浴の浴槽が一つあるのみ。 湯はもちろんかけ流しで茶色に色づき熱めでしょっぱい。 浴槽も析出…

続きを読む

沼尻温泉

さらに雨の中、沼尻温泉田村屋旅館にて湯を乞う。 二階にある露天風呂併設の内湯と、一階の内湯とに分かれており、どちらも入ることができる。 沼尻元湯から引かれた源泉は、酸性ーカルシウム・アルミニウムー硫酸塩・塩化物泉であり、すべての浴槽にかけ流しで注がれ微白濁している。 こちらは一階の内湯。 適温であった。 ここの沼尻温泉の源泉である沼尻元湯は、歩いて40…

続きを読む

野路温泉

この日も雨であったが、野路温泉ホテルにて湯を乞う。 ここは単純硫黄温泉であるが、白濁した温泉がかけ流しで使用されている。 露天風呂はぬるめで気持ちがよい。 雨だというのに内湯にはたくさんの人が入っていた。 ※『自遊人』温泉パスポート利用無料入浴 (平成十八年十月入湯)

続きを読む

小滝温泉

土湯温泉の奥にある、小滝温泉にて湯を乞う。 ここは土湯温泉の混合泉が使用されており、内湯は循環、併設の露天風呂にはかけ流しで単純温泉が注がれていた。 ※『自遊人』温泉パスポート利用無料入浴 (平成十八年十月入湯)

続きを読む

高湯温泉

大雨の中、高湯温泉は安達屋旅館にて湯を乞う。 ここは何ヶ所もある浴場のほとんどの浴槽に、酸性ー硫黄ーカルシウムーアルミニウムー硫酸塩温泉がかけ流しの適温で使用されている。 こちらは内湯。 内湯併設の半混浴露天風呂はかなり広く、その中に洞窟風呂もあるほどだ。 また別の場所にも露天風呂があり、乳白色の素晴らしい湯を湛えていた。 ※『自遊人』…

続きを読む

蔵王温泉

宮城県より山を越え、蔵王温泉へ。 蔵王温泉では上湯共同浴場に入る。 木の広めの浴槽が一つ、そこへ酸性ー含鉄ー硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物泉がかけ流しで注がれている。 湯は適温で、薄い緑っぽく色づいた微白濁であり、細かい白い湯の花が舞っていて素晴らしい。 いっしょに入っていたおじさんが「今日はぬるいね。」と言っていた。 私にとっては適温であっ…

続きを読む

大間温泉

夜も更けてきたので、上がり湯として大間温泉に入る。 ここは宿泊施設であるのだが、入っている人はほとんどが日帰り入浴である。 露天風呂などはなく、内湯一つであるが、この内湯がムチャクチャ広い。 そして、また広い浴槽にはナトリウム・カルシウムー塩化物泉が注がれ、口に含むとしょっぱい味と鉄っぽい味がした。 ボディシャンプーなども備えつけられていて、上がり湯にはぴったりの施設…

続きを読む

湯坂温泉横の川

湯坂温泉のすぐ横を流れる川には二種類の源泉が湧いていて、白い湯の花と黒っぽい湯の花で川は染められていた。 しかし、ここもガスがキツい感じがしたために入るのは断念した。

続きを読む

湯坂温泉

恐山から数百メートルぐらいしか離れてないであろう、湯坂温泉しゃくなげ荘。 スローな時間が流れていて、そしてハンドメイド感溢れるこの温泉宿を、私はすっかり気に入ってしまった。 入り口は食堂、裏にまわると落ち着いた浴場や、オープンな流しなどがある。 食堂に併設された休憩スペースには囲炉裏まである。 さて、肝心の温泉であるが、内湯が…

続きを読む

宇曽利湖畔の源泉

恐山の駐車場の入り口付近の宇曽利湖の砂地に、おそらく硫黄泉であろう源泉が湧いていた。 湯温はけっこう熱めである。 そして、その源泉が流れる先には先人たちが掘ったと思われる湯船があった。 道行く人からは丸見えであるが、そんなことはかまわない。 しかし、すごい量の黄色い湯の花が堆積し、腐った葉やヤゴや虫の死骸が山ほど浮いていて、さすがの私も入浴する気にはなれなかった。…

続きを読む

恐山温泉・古滝の湯

古滝の湯は女性用。だから今回はもちろん入っていない。 しかし、四年前はここが男性用だったので、入ったことはあるのだ。 ここは浴槽二つで、なぜか脱衣場も二カ所あったはず。 湯は熱く、白っぽい半透明であったと記憶している。 (平成十八年九月)

続きを読む

恐山温泉・冷抜の湯

参道向かって左側にある二つの湯小屋のうち、本堂よりのほうが冷抜の湯。 ここは男性用。 湯船は二つで、半透明の湯が注がれている。 少し緑っぽく色付いているようにも見えた。 (平成十八年九月入湯)

続きを読む

恐山温泉・薬師の湯

参道向かって右側にある薬師の湯。 男女入れ替え制であるが、男性用の時間であったので入湯。 ここは湯船二つ、白濁していた。 恐山温泉のそれぞれの源泉は熱いので、すべて加水されている。 そのためか、ここもこの時は適温であった。 (平成十八年九月入湯)

続きを読む