佐野温泉

宿から送迎をしてくれるというので、以前から気になっていた佐野温泉まで送ってもらった。 受付の女性の応対はとても親切で丁寧だ。 内湯はアロエ風呂がかなり熱め、ジャグジーと露天風呂は普通。 64度のカルシウムーナトリウム・硫酸塩温泉を循環で使用しているが、すべての浴槽に飲泉場があり源泉は常に投入されていて浴槽の湯は少しずつ溢れていた。 (平成二十三年二月入湯)

続きを読む

鷹巣温泉

国民宿舎の温泉は、なんと加温加水なしのかけ流し。 ほんのり硫黄の香りがする49度のアルカリ性単純温泉は内湯の42度、40度の浴槽二つと併設されている露天風呂すべてに使用されている。 こんな温泉が福井県にあるなんて完全にノーマークであり、偶然の嬉しい発見であった。 (平成二十三年二月入湯)

続きを読む

犬鳴山温泉 山乃湯

犬鳴山温泉の源泉でもある山乃湯。 浴室は内湯のみ。 源泉は犬鳴1号、16度のナトリウムー炭酸水素塩泉で加熱かけ流しで使用。 湯は微白濁、湯口ではわずかな硫黄臭がしヌルヌル感が強い。 湯温は熱めであり、浴室からは渓谷が眺められた。 (平成二十三年二月入湯)

続きを読む

志宜野華厳温泉

大阪市内の温泉銭湯。 住宅街の中にある。 源泉は35度の単純温泉。 細長い露天風呂には加熱かけ流しで使用されている。 (平成二十三年一月入湯)

続きを読む

天山の湯

京都の嵐電有栖川駅から比較的すぐのところにある温泉施設。 玄関先には飲泉場があり好感が持てる。 源泉は34度のナトリウム・カルシウムー塩化物泉であり、強めの苦みと塩味がする。 この源泉は露天風呂に使われており、加熱した源泉を継ぎ足しながら供給しているようにも見えるがどうかわからない。 浴槽の湯は茶色く濁り、まあまあであった。 (平成二十二年十一月入湯)

続きを読む

朝日温泉

以前から気になっていた神戸の朝日温泉に入湯。 ここはJR東海道線からも見える温泉銭湯である。 玄関先にはなんと源泉が。 「天然温泉」のマークも誇らしげに飾られている。 受付と脱衣場はニ階にあるが、浴室は三階にある。 「巳泉の湯」と名付けられた源泉は31度の単純温泉。 しかも非加熱非循環の源泉風呂まである。 この源泉風呂はぬる湯好きの私にとってはありがたい。 …

続きを読む

六龍鉱泉

上野公園に近い住宅街の中にある温泉銭湯。 かなり見つけにくい場所にある。 内外装ともにかなりレトロで良い雰囲気だ。 ここも黒湯でコーヒー色。 浴槽には江戸っ子風呂もあるが、普通の浴槽も熱く長く浸かっている人はほとんどいない。 江戸っ子風呂は48度もあったが一人だけ涼しい顔をして浸かっていた。体に悪そうである。 浴槽に源泉蛇口があったので源泉水浴びをすることができた。 …

続きを読む

蛇骨湯

浅草に近い温泉銭湯。 リニューアルされたのかやたらと小綺麗である。 ここも黒湯で色は紅茶色っぽいような色。 ここの源泉は豊富なのかシャワーやカランにまで源泉が使われている。 小さな池のある露天風呂は源泉追加投入量が多いようで、特に源泉水風呂からは常にそこそこの量が溢れ出していた。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

桃仙浴場

池袋にある温泉銭湯。 残念ながら六月末で閉館となる。 源泉は鉄鉱泉と書かれており、使用されている浴槽では茶色に濁っていたが、鉄の香り以外味はそんなにしなかった。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

板橋前野温泉 さやの湯処

比較的新しめの温泉施設。 露天風呂に温泉が使われていて、源泉風呂が一つあり、濃い41度のナトリウムー塩化物強塩温泉がかけ流し。 湯は土色に濁ってしょっぱかった。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

北本天然温泉 楽市楽湯

埼玉県の温泉に初入湯である。 32度のナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉は露天風呂に加温循環濾過消毒で使用。 しかし、源泉追加投入量もけっこう多く、常に浴槽からは湯が溢れている。 湯は薄い紅茶色で、白っぽい湯の花が混ざっていた。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

峠の湯

碓氷峠越えを終え車道に出てきたが、坂本宿に入る前にまず風呂で汗を流す。 温泉施設である峠の湯には、内湯と併設の露天風呂があり眺めは悪くない。 源泉はおそらくナトリウムー炭酸水素塩泉で、加水加温循環濾過消毒で使われていた。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

ゆうすげ温泉

中山道を歩いていたら看板があったので入ってみた。 軽井沢っぽくない昭和の香りがする温泉旅館である。 内湯のみで13度のナトリウムー炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩冷鉱泉が循環で使われていた。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

望月温泉 青木荘

望月の温泉民宿。 こんなところで三日ぶりの風呂に入ることができるなんてありがたい。 浴室からは川を眺めることができる。 22度の規定泉(メタケイ酸、メタホウ酸による)を循環で使用しているため、あまり浴感はない。 (平成二十二年六月入湯)

続きを読む

旦過の湯

下諏訪にて。 いろんなな人に、「遊泉ハウス児湯に行くといい」と忠告されながら入った「旦過の湯」。 私はこんな共同浴場が好きなのだ。 入るなり受付のおばさんに、「熱いよ。一瞬で疲れはとれるけど、大丈夫かな?」と忠告され、さらに何人かにも、「ここは熱いから」と心配された。 源泉は58度のナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉でもちろんかけ流し。 二つある浴槽はどちらも激熱…

続きを読む

硫黄島港の源泉

今は港となっている場所も以前は砂浜だったようで、そこには温泉が湧いていたため港は赤く染まっているという。 干潮時に港のとなりの砂浜に行ってみると浜からいくつもの場所から湯が湧いていた。 持っていったスコップが小さかったのと、島で顔が割れてしまっているため、全身浴はあきらめ足湯だけにしておいた。 砂浜だけではなく、港のコンクリートの間からも源泉が湧いている。 こ…

続きを読む

三島開発総合センター

硫黄島港近くの開発総合センターの中には浴場があり、火、木、土曜日の午後2時から7時半まで無料で開放されている。 濃い温泉が多い硫黄島において、ここは無色透明無味無臭の単純温泉がかけ流しであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

坂本温泉

ここは海岸に面した塀で囲まれている浴槽がある。 手前の浴槽の底から湯が大量に湧き出しているが、こちらは熱くて入ることができない。 大きな浴槽はかなりのぬるめであったが、入っていると体に無数の泡がまとわりついてきた。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

大谷(ウータン)温泉

おそらく大谷(ウータン)温泉と呼ばれている野湯に来てみた。 海岸から温泉が湧き出しており辺りは赤く染まっている。 源泉は熱く塩辛いが、ところどころに湧いている湯の中には酸っぱい酸性泉もあるようである。 湯は波と混ざると白濁しているようだ。 適当な湯溜まりを見つけて入ってみたがよく温まる湯であった。 ここは干潮の時にしか入ることができない。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

東温泉近くの源泉

東温泉のすぐとなりに源泉が湧いていて、こちらも酸性特有の酸味があるが無色透明。 適温の湯溜まりがあったので入ってみた。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

東温泉

硫黄島で唯一24時間入れる温泉は東温泉。 ここは景色も湯も素晴らしい。 高温の酸性泉がドバドバと海に垂れ流し。 湯は酸っぱくて浴槽では透明な緑色をしている。 浴槽は三つあるが、一番上の浴槽に源泉が流れ込んでいるためかなりの高温、真ん中の浴槽が一番大きくて深く適温、一番下の浴槽はぬるめであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

西田温泉

鹿児島中央駅にも比較的近い、鹿児島市内の温泉銭湯。 46度の重曹泉系の湯を使用。 浴槽はいちおう「あつ湯」と「ぬる湯」に分かれていたが、どちらも熱めであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

湯泊温泉

いちおう仕切りはされているが脱衣所もない湯泊温泉。 38度の単純温泉をそのまま使用しているため、ぬるめで長湯ができる。 そしてこちらは、湯泊温泉よりほんのわずかに奥にある浴槽。 ここも静かでいいが、大潮のときは海中になるらしい。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

平内海中温泉

観光地となってしまっている、干潮前後しか入れない屋久島温泉を利用した野湯である。 46度の源泉は硫黄臭がし、このときは真ん中の湯船が適温であった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

尾之間温泉

ここはかなり人が多い。 新しめの建物の大きな共同浴場といった感じである。 浴槽も広めで、49度の単純硫黄温泉が浴槽の足元に敷かれた玉石の間から自噴しており、湯は熱めであった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

楠川温泉

屋久島の宮之浦港から比較的近い、道を逸れた森の中にある鄙びた共同浴場といった感じの楠川温泉。 表の看板には25度のアルカリ性単純温泉と書かれていたが、中には単純硫黄泉と書かれており、加熱して使用。 湯口の湯はかなりはっきりとした硫黄の味がしていて、ヌルヌル感もあり、細長い浴槽の湯は微白濁していた。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

かごっま温泉

鹿児島にも温泉銭湯は多い。 今回は、一番近くにあったかごっま温泉に入湯。 湯はわずかに薄い茶色に色づいていて焦げ茶色の湯の花が舞っている。 ぬるめの適温が私にはちょうど良かった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

妙見温泉 田島本館

自炊の湯治館も併設する旅館であり、湯治に来られるお年寄りも多い。 浴室は二つに分かれており、ひとつは「神経痛の湯」で鉄臭が濃い熱めの浴槽がある。 もうひとつの浴室には、「胃腸湯」と「キズ湯」の浴槽があり、「胃腸湯」は熱め、「キズ湯」はぬるめで茶色い湯の花が舞っており泡付きが大変よかった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

安楽温泉 塩湯

安楽温泉では一番最初に目についた塩湯に入る。 内湯には58度のナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉がわずかな加水でかけ流し。 内湯から履き物を履いていかないといけないが豪快なうたせ湯もあった。 (平成二十二年四月入湯)

続きを読む

温泉の川

立入禁止のゲートからそこそこ歩くと川に出てくる。 この川が温泉であり、風がないときなど硫化水素が滞留するため危険なので立入禁止となっているのである。 丸尾温泉からここまで登ってくるのに二時間もかかった。もっとも車ならそんなに時間はかからないだろうが。 とりあえず風があるのを見計らって入湯。 川自体が適温である。 前日までの雨のせいか川の水量が多く流れも豪快だ。 しかし、ゆ…

続きを読む