お湯を尋ねて三千里

アクセスカウンタ

zoom RSS 四日市郊外の某共同浴場

<<   作成日時 : 2007/10/10 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

四日市郊外の某共同浴場に入る。
画像

ここはネットなどでも有名なとこであるが、「営利目的ではないため、ネット等への掲載は控えてください。」という旨の貼り紙がしてあったので名前は伏せておこう。

男女別の浴室に、そんなに大きくない浴槽が一つあるだけであるが、そこへ加温されたアルカリ性単純温泉がかけ流しで注がれている。
加温されていない源泉蛇口からも湯が注がれており、飲んでみるときっちりとした硫黄臭が感じられた。

ここも素晴らしい共同浴場であった。

(平成十八年十二月入湯)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
藩主も入った 青根温泉
青根温泉は大湯・名号湯・新湯など湯量が豊富な源泉がありなかでも大湯は天文年間に発見された歴史ある源泉です 名号湯は南無阿弥陀仏と唱えながら入浴すると病気がたちまち治るといわれるお湯です。新湯は江戸時代に入ってから発見され、代々伊達家の藩主が湯治場として愛用した名湯で 湯元の旅館「不亡閣」はかって藩主の定宿だったことで知られ 荘重な造りの堂々たる見事な館です 大湯・名号湯・新湯にはそれぞれ共同浴場があり、地元の方をはじめ観光に訪れた人も気楽に立ち寄りお湯を楽しむことのできる場所... ...続きを見る
宮城のおんせんめぐり
2007/12/04 15:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四日市郊外の某共同浴場 お湯を尋ねて三千里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる